海水浴を楽しむ

海水浴ができる時期が長い

本州の最南端でも海開きは7月に入ってからでしょうし、9月にはクラゲなどが多くなるので泳げる状態ではありません。沖縄旅行での楽しみといえばマリンスポーツで、その中でも多くの人が楽しめるのが海水浴になるでしょう。沖縄は本州に比べると年間の平均気温や海水の温度が高く、海開きは早いところで3月ぐらいです。その他のところでも4月ぐらいには泳げるので、本州よりも一足早く海水浴が楽しめます。海水浴シーズンが終わるのも遅くて、遅い所なら11月の初旬ぐらいまで泳げるところもあるようです。一般的には10月中には泳げなくなるようですが、それでも本州のシーズンが終わってから2か月近く泳げます。先取りしたり泳ぎ足りないときは沖縄旅行に行くと良いでしょう。

きれいで人が少ないビーチで泳げる

日本全国に海水浴場があり、都市部に近いところだとシーズン中は芋の子を洗う状態になるようです。泳ぐよりも海水に浸かりに行く状態と言えるでしょう。人が多いとどうしてもゴミが多くなり、砂浜や海水もきれいと言えない状態なのでなかなか楽しめないかもしれません。きれいな海でどんどん泳ぎたいなら沖縄旅行を検討しましょう。沖縄にはたくさんの海水浴場がありどのビーチも非常にきれいです。白い砂浜に青い海が広がりまさに南国気分を味わいながら泳げます。非常にたくさんビーチがあるので、その中には海水浴をする人が非常に少ないビーチもあります。人が少なければゴミも少ないので、きれいな環境で海水浴が楽しめるのがメリットです。おすすめビーチを探しておくと良いかも知れません。

竹富島のツアーでは、沖縄の原風景が残る竹富の島内を、水牛車に乗って回りながら思い出づくりができます。